親権争い

【親権争い】学校での子供の奪い合い『子供達の家出騒動②』

子供達の家出騒動②

2014年6月20日(金) 学校での子供の奪い合い

7時30分頃

次男,長女の連れ去りの恐れも考えられたため、今日は放課後児童クラブへは行かせず、小学校が終わる15時に私が教室まで迎えに行くので、小学校へ妻が子供を引き取りに来た場合、拒んでもらうように事情を説明しに小学校へ行く。

長女の担任のF先生、次男の担任のK先生、教頭先生に事情を話し、今日については妻への引き渡しを拒んでくれる事を了解してくれた。

12時21分

児童クラブへ事情の説明の電話。
昨日話をしたクラブ長の先生が電話に出たため

わたし
わたし
昨日お兄ちゃんが迎えに行った後、そのままママの所へ行ってしまいました。
クラブ長の先生
クラブ長の先生
配慮が足りなかった。
申し訳ないです。
わたし
わたし
長男のお迎えは拒否するようにお願いしていなかったので仕方がないです。
今日は私が、小学校の教室まで子供達を迎えに行きます。
そのため今日は児童クラブはお休みします。
来週の月曜日からはお兄ちゃん、妻が迎えに来ても引き渡さないでいただきたい。

とお願いをした。

15時頃

私は午後から休暇を取り小学校へ子供達をお迎えに行った。
長女の教室へ向かう途中、子供達を待つ妻の姿が玄関で見られた。
長女の教室へ着き、長女を迎えた。
担任のF先生に挨拶をし、先生からは
今日の帰りママと〇〇公園(近くの公園)で待ち合わせをしていると〇〇(長女の名前)ちゃんが言っていましたよ
と教えてくれた。
私は先ほど妻の姿が見えたので、来週の月曜日からの妻へ連れて行かれない方法を先生と相談したが、先生も困ってしまい、次男の担任のK先生と相談すると言ってくれた。

引き続き次男のお迎えに行った。
次男の担任のK先生にも長女の担任の先生同様、来週の月曜日からの引き渡し方法を相談した。
次男の担任のK先生は月曜日からは児童クラブへ同行して連れて行ってくれると言ってくれた。
K先生にも「今、妻が玄関まで来ている」と伝えたら先生は一緒に玄関の方まで来てくれた。
そして玄関付近でK先生は次男と長女に「お父さんとお母さんは今大人の人達とこれからの事をどうするかお話あいしているから今日はパパの所へ帰るんだよ」と言ってくれた。

その時、玄関で教頭先生と話している妻がいた
妻も教頭先生に何か話をしたらしく、教頭先生からは「これでは子供さん達も困るので部屋を用意するので2人で話し合って下さい。子供達は別の所で見ています」と言われた。

2人で話合ってもどうしようもないと思ったが、とりあえず用意された部屋で2人で話した。

妻
子供達がママが良いって言ってるんだから聞いてあげなよ。

昨日アパートで言っていた内容と同じ事を言って引かない。

わたし
わたし
子供の意見だけでは今どちらが監護するなんて決められない。
裁判中だぞ。
しかも男が来る家なんかに子供を渡せるか!
妻
男なんてもういない!
わたし
わたし
そんなの証拠はある。
〇〇(長男の名前)にも男がいることは言っているのか?
妻
・・・
そんなのすぐに別れるわ!

↑(このやりとりで現在も男とは関係が続いていて、長男にも男はいないと嘘を言っていると分かりました)

お互い引くはずもなく、第3者に入ってもらおうと教頭先生に助けを求めたが、教頭先生もどうしようもない。
そこで私は弁護士の先生に電話をした。
妻にも担当の弁護士に電話をしてどうしたらいいか聞くように言った。

私は担当弁護士から、子供二人はしっかり連れて帰るように言われたため、教頭先生に「私が1年以上監護している。妻は子供との面会は月1回と調停で取り決めてある。
弁護士の先生にもきちんと連れ帰るよう言われたので私が二人を連れて帰ります」と言って次男,長女を連れて一緒に車へ向かう。
子供二人は拒否することもなく私の車へ乗った。

しかし、妻もそれを止めようと車のドアが閉められない場所に立ち、子供の手を掴み話さない。
長女はそんな状況のため号泣。
次男は泣いてはいなかった。

わたし
わたし
やめろよ!
みんな見てるぞ!
先生もあそこで見てるぞ!
妻
じゃあ家行って話し合おうよ!
私も家まで乗っけてって。
わたし
わたし
何が乗っけてだ!
車には乗るな!
妻
じゃあ自分で今からそっちの家行くよ。

何とかドアを閉めて車を発進する事が出来た。
まさに修羅場であった。

16時頃

私は今日は子供達を迎えに行ってそのまま室内の市民プールへ遊びに行くつもりでいたため3人分のプールの支度を持ってきたので、そのまま市民プールへ向かった。
長女はしばらく泣いていた。
次男は特に動じている様子もなく全力で遊んでいた。
長女もプールへ入ってしばらくは泣いていたが、10分程経つとケロッと泣き止んでプールを楽しんだ。

プールから出た後はプールの近くで散歩、虫探し等をした。

長女はその後も全く泣くこともなく一昨日までのように普通に生活をしています。

遊びを終えて自宅へ向かう。

18時55分

自宅へ向かっている途中、妻からメールにて

妻
今から〇〇(長女の名前)と〇〇(次男の名前)迎えにいくね。
あたしの弁護士は何にもまだ決まってないし、子供の意見が大事だからっていってるよ...
〇〇(長女の名前)と〇〇(次男の名前)は小さいけど、意見が言えるんだから...
子供意見を尊重してよ~

こんなメールが来たため、帰宅はやめて3人で外食をすることにした。

食事中に私の母親から連絡があり(私達がプールに行ってる間に)誰か家に上がった形跡があるようです。

家の鍵を持っているのは長男なので、恐らく上がったのは長男だと思いますが、もしかしたら妻も一緒に上がったかもしれません。
長女の服や、月曜日から使う予定で用意してあったプールセットがなくなっていました。
長男が持っていったにせよ、月曜日にないと長女が困るものを長男に持ってこいと指示する行為も子供(長女)の事を考えていないと思います。

そして妻はメールの予告通り、自宅へ次男と長女を迎えに来たようだが、私達は居ない。
自宅には私の両親が居る。
そのため妻は家の中までは来る事はなく、車の中で待っていて、長男に家の中の荷物を取りに行かせがてら家の様子を確認させていたようです。

その時、私の両親は長男に「こんな別れ方ではさみしい」等、少し話をしたそうです。
その話中、長男の携帯電話には妻からの電話が何度もあったそうで、電話から音が漏れるくらい「なにやってる!早く戻ってきなよ!」とガミガミ言われていたそうです。

私の母によれば、長男は、ばあば(私の母)との会話の中で、「木曜日に起こした行為(児童クラブへの勝手なお迎え)はママの指示のもと動いていた」と言っていたようです。

21時19分

夜、私も長男にコンタクトを取ってみました。
時間が遅かったのでLINEで連絡を取りました。
一度話をしたい」と連絡したら「わかった」とすぐに返事をくれました

 

ブログランキングはこちら↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。