生活

セグウェイで転んで骨折し足を引きずりながら別府温泉へ行く

セグウェイで転んで骨折し足を引きずりながら別府温泉へ行く

2017年11月11日(土) ミニセグウェイ初体験

この日は次男は元妻と面会交流日。
長女と2人でラウンドワンのスポッチャに遊びに行ってきました。

スポッチャでは下の写真のようなセグウェイの持ち手が無い版の「ミニセグウェイ」(別名 バランススクーター)を体験することが出来ました。

娘はスイスイと乗っていました。
子供は凄いですよね。

私も怖がりながらも何とか乗る事ができました。

コツを掴んで思い切って乗ってしまえば誰でもすぐに乗る事が出来ると思います。

15分くらいの制限時間なのですぐに終わってしまいました。
初めての体験でとても興奮しました。
娘も凄く楽しかったようです。

スポッチャでミニセグウェイ以外でも娘と色々と遊びました。

その後、近くのスーパーで買い物しました。
この日は11月11日で「ポッキーの日」らしく、スーパーでイベントをやっていて、ポッキーを購入するとくじを引けました。

娘は見事当たりを引いてポッキーの詰め合わせの大きな箱を貰いました。
ラッキーでした。

2017年12月 クリスマスに次男にミニセグウェイをプレゼント

次男にミニセグウェイの話や、長女が乗っている動画を見せたりしたら次男は羨ましがって「俺もやりたい!」と言ってきました。

このミニセグウェイは購入出来るものだろうか?実際に買ったら幾らぐらいだろうか?と思いAmazonや楽天市場で調べてみました。

買えるなら5万円くらいするのだろうと思っていましたが意外に安く買えそうです。

次男はクリスマスプレゼントでミニセグウェイを欲しいと言っています。
でもクリスマスプレゼントとしては少し高額です。

我が家は子供が3人いるのであまり高額なプレゼントは買ってあげられません。
ひとり5千円~1万円の範囲の中でのプレゼントと昔から決めてあります。
誕生日プレゼントも同じです。

この時は次男はまだサンタクロースの存在を信じている感じだったので、「インターネットで使えるお金」という設定で漫画チックな1万円札の画像をネットから探して、お札くらいのサイズで印刷して、両面に貼り付けて、仮想の1万円札を作成して、去年までと同様に夜中に次男の枕元に置きました。
(長女は事前に購入しておいて「リカちゃん人形」を置いておきました)

そしてミニセグウェイを買うに足りない分は、お正月に貰うお年玉から払うという方法で楽天市場にてミニセグウェイを購入しました。


注文した翌日には商品が届いて、次男はとても喜び、公道じゃない場所で乗りまくっていました。

2018年2月3日(土) ミニセグウェイで調子に乗って転んで足を負傷をする

いつもミニセグウェイをやる場所は狭い範囲の場所だったので、だだっ広い場所でやりたいため、次男と河川敷のコンクリート敷の場所へ行って思いっ切りやってきました。

次男はCARVERの練習もしていました。
私はミニセグウェイに乗らせてもらって、広々とした場所なのでスピードをMAXまで出せて爽快でした。
スピードが速すぎるとピーピーと警告音も鳴りますが、そんなことは気にせず乗っていました。

MAXスピードで15km/h程しか出ませんが何度か乗っていた時、MAXスピードで走り続けていたら足の感覚がおかしくなり上手くブレーキが掛けられず転倒してしまいました。

転倒した時に左足の甲から地面に着地した形となり、左足の甲に激痛が走りました。
しばらくうずくまってしまい、とてもそのまま遊び続けられないのですぐに帰宅することにしました。
車で来てましたが、右足は痛みはないので運転する事はなんとか可能でした。

帰宅して次男を降ろして、土曜日の午後でも診察をしてくれる整形外科を調べてすぐに行きました。
意外と土曜日は午前中のみの診察しかしていない病院が多かったです。

レントゲンを撮ってもらいましたが、「骨には異常はない」とのことでした。
医師からは捻挫のような事を言われました。

湿布をもらい様子をみることになりました。

しかし、痛みはどんどん増していき、病院の帰りもまともに歩けません。
片足でケンケンをしながら駐車場まで行くくらいでした。

帰宅してからもずっと激痛は続いていましたが、骨には異常がないので時間が経てばすぐに良くなるだろうと考えるようにしました。

2018年2月4日(日) 痛みに耐えられずセカンドオピニオンを受ける

翌日、痛みは全く引かず激痛が続きます。
こんなに痛むのでは「本当は骨が折れているのではないか?」と不安になり休日当番医の整形外科へセカンドオピニオンを受けにいきました。

この病院でもレントゲンを撮ってもらいましたが、「骨折は確認できない」とのことでした。

「2度のレントゲン結果でも骨は折れていないこと」や、医師から「しばらくすれば痛み、腫れは引いていく」と言われたこともあり、少し安心しましたがまだまともに歩けないためこの時松葉杖を借りて病院をあとにしました。

この日、病院から帰宅した頃には足はパンパンに腫れていて、今まで見たことがないような青あざ状態です。
↓ その時の写真を撮りましたが、すね毛や痛々しい腫れ方、青あざなので興味のある方だけクリックして見てみてください。

  

2018年2月10日(土) ~ 11日(日) 足を引きづりながら福岡へ行く

1週間前に足を負傷したばかりでしたが、子供達の元妻との面会交流日のこの日は前々から福岡の彼女さんへ会いに行く予定をしており、新幹線やレンタカーを予約済みでした。
(今回は新幹線で行きました)

まだまだ足が痛いので行くべきか悩みましたが、この距離と、お互いの都合から2ヶ月に1度くらいしか会えないので、今回会えなくなると次はいつ会えるのかも分からないので、痛む足を引きずりながら新幹線で福岡まで行ってきました。
彼女さんには「今回は辞めておこう」と言われましたが、私は無理してでも行く事にしました。

松葉杖を使った方が歩くのは楽ですが、新幹線とレンタカーの移動がほとんどだと思っていたので松葉杖は持って行かず、左足をかばいながら歩く形で行きました。

博多駅に着きました。
1週間前に怪我をしてからこの日までは長い距離を歩いたことがなく、今回博多駅から事前予約したレンタカー屋まで結構距離があり、思っていた以上に歩くのが辛かったです。

この日は無理をせずにゆっくりと休みました。

翌日。
歩くのが思っていた以上にしんどいので、どこにも行かずにゆっくり休んでいようかとも考えましたが、せっかく九州まで来ているので「別府温泉」の「地獄めぐり」へ行く事にしました。
温泉でも入って、足の怪我も少しは良くなるだろうと浅はかな考えで行く事にしました。
この時も彼女さんは「辞めた方がいい」と言ってくれましたが、私の中でせっかく九州まで来ているのに……という気持ちがあったため、大分県の別府温泉まで行くことにしました。

車の運転は怪我をしている左足は使わないので、別府温泉まで行くのは大変ではありませんでした。

しかし別府温泉の地獄めぐりに着いてからが地獄でした。
まさに地獄めぐりです。

7つの地獄温泉を巡るのでめちゃくちゃ歩く必要があります。
足を引きずりながら歩いていたので、チケット売り場で「障害者割引の適用ですか?」と確認されてしまいました。

せっかく来たので全ての温泉を巡りました。

左足をかばっているので立ち方も変です。

もう楽しんでいる余裕などありませんでした。


とりあえず巡った記録として写真を撮ってもらうので精一杯でした。何故かワニもいました。

地獄めぐりの温泉は入れないので、明礬温泉の「湯の里」へ行きました。
わら葺き屋根の貸切の家族湯に入りました。

足は温めた方が良いのか、冷やした方が良いのか分からないので、温泉では温めたり冷やしたりしました。

帰り道、九州横断自動車道からの景色はいつも見る景色とは違い何だか新鮮で素敵でした。


結局この日は痛む足を引きずりながら12,113歩も歩いてしまいました。
(3年以上前の記録ですが、iphoneで歩数を確認出来ました)

帰りの新幹線では雪による影響でダイヤが乱れ、予約していた指定席に座れなく、1時間以上立ちっぱなし状態となってしまう区間もあり、さらに足が悲鳴をあげてしまいました。

今回自分の判断で無理をして行って、足を使い過ぎてしまい、これにより治りが遅くなってしまったと思います。
行ってから後悔してしまいました。

2018年3月3日(土) ニューボードで1ヶ月ぶりのサーフィン

足の痛みは激痛からは逃れましたが、まだ痛みはあります。

頼んでいたニューボードが届いたので、我慢が出来ずサーフィンをしてみることにしました。

パドリングの時はもちろん痛みはないですが、テイクオフして立った時に痛みが走り、踏ん張る事も出来ないので全くサーフィンにならず直ぐに海から上がりました。

2018年3月上旬 サードオピニオンを受ける

怪我をしてから1ヶ月程経過してもなかなか良くなりません。
最初に行った病院は土曜日の午後診察可能だった病院
次に行った病院は休日当番医

ある意味、数ある整形外科から自分で病院を選んで行っていないので、ネットで評判の良さそうな整形外科を探してサードオピニオンを受けることにしました。
捻挫にしては痛みが続くし、先日のサーフィンも痛みでまともにサーフィンがやれない状態でしたので、色々と不安があり早く治したい気持ちでいっぱいでした。

サードオピニオンとして受診したこの病院でもレントゲンを撮ってもらいましたが「骨には異常は見られない」と言われました。

この病院で理学療法士のもと、超音波治療の設備等を使ってリハビリとして定期的に通院することとしました。

左足のその後(実は骨折していた)

左足の痛みは引いてきて普通に歩けるようになりましたが、体重を掛けるとまだ痛みが少し残っている感じがして違和感があります。

なのでリハビリを受けている病院に相談したらMRIを撮影してみることになりました。

結果、レントゲンでは写らない骨が骨折していた事が判明しました。

そうですよね、あれだけの痛みで、あれだけの腫れがあるのに骨折ではないというのはおかしいと思ってました。

もう怪我をしてから日が経っているので、骨折しているからといって治療法を変えたりはせず、引き続き同じ内容のリハビリを継続する事となりました。

完全に痛みと違和感が無くなるまでは約半年間くらい掛かりました。
地獄めぐりで歩き過ぎたのが影響しているか分かりませんが、骨が変にくっ付いてしまったようで、足の甲の骨が左右違うのが触って分かります。

セグウェイやミニセグウェイはスピードはそんなに出ないですが、転び方によっては普通に骨折します。

大人の方は子供と違い体が硬く重いので怪我をしやすいかと思います。
乗る場合はスピードを出し過ぎたり調子に乗らずに気を付けながら楽しみましょう。

手軽に手ぶらでサーフフィット!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。