サーフトリップ

【宮崎サーフトリップ④前編】4年ぶりの宮崎はやっぱり良い波でした!


【前編】4年ぶりの宮崎はやっぱり良い波でした!

2022年8月23日(火) ~ 27日(土)、4泊5日で宮崎へサーフトリップへ行ってきました。

4年振りの宮崎となります。

そして、今までのサーフトリップでは全て子供達も一緒に連れて行っていましたが、まさかの親権変更となり次男と長女は元妻のもとへ行ってしまったので、初めて子連れではないサーフトリップとなりました。

彼女のかなさんに一緒にサーフトリップに付き合ってもらいました。
かなさんは初宮崎なので、宮崎県の北から南までの観光もたくさん盛り込む計画としました。

全国旅行支援割が適用されるかなかなか発表されないので飛行機や宿などは前々から予約はしていませんでした。

結局、全国旅行支援割は見送りとなりましたが、気分はもう宮崎なので、なるべく節約をした旅行計画としました。

かなさんは私のミッドレングスにて2回しかサーフィン経験はありませんが「宮崎でもサーフィンやりたい!」と言うのでトルクサーフボードのミッドレングス「チャンチョ」を持っていく事にしました。

長いサーフボードのハードケースは持っていなかったので急遽ネットで7′のサーフボード用の安いハードケースを探してみました。

大型スポーツ用品店へ見に行ったりもしましたが、結構な値段がしますのでやはりネット購入を選びました。

今回は楽天市場にて購入しました。
TOOLSのブランドなので信頼は出来ます。


サーフトリップ前に無事商品は届きました。
安いだけあって、保護力はあまり期待できない作りでした。

でもプチプチでサーフボード全体を包んでいくのでその辺りは問題なしです。

私は2本サーフボードを持って行くか悩みましたが、少し前に購入したフィッシュベアードが調子が良いので、その1本だけ持っていく事にしました。

フィッシュベアードの購入とインプレ【マジックボードの予感】フィッシュベアードの購入とインプレ【マジックボードの予感】 ゴールデンウィークに購入したトルクサーフボードのミッドレングス「チャンチョ...

引用:ウェザーマップ

出発日前日の天気図です。
ダブル台風が発生する予報となっております。
程よいウネリだけを届けてくれることを願いながら宮崎へ向かいました。

2022年8月23日(火) 鹿児島空港から串間市へ行き恋ヶ浦でサーフィン

サーフトリップ1日目。

前述の通り、全国旅行支援の見送りが決定してから旅行日程を組んだため、今回飛行機は早割では予約しないで比較的間際になって予約をしました。

過去に宮崎に飛行機で行った時は羽田空港から行きました。

このタイミングでの予約となると「羽田空港から宮崎空港」よりも「富士山静岡空港から鹿児島空港」の方が安かったので「富士山静岡空港から鹿児島空港」を選びました。

富士山静岡空港は駐車場も無料(一部有料)なので、ここでも節約できます。


サーフボードハードケース2つ、キャリーバッグ2つを新型アクアにパンパンに詰めながら富士山静岡空港に着きました。
駐車場は無料箇所は全て埋まっており満車でした。

仕方なく有料箇所へ止めることにしました。
1日最大500円なので、5日で2500円の出費となりました。

久しぶりの飛行機は眺めが最高でした。

今回宮崎サーフトリップは鹿児島空港からの出発となるため、まずは宮崎県南部の「恋ヶ浦サーフポイント」がある串間市に宿を予約しておきました。

旅行前に色々と調べたのですが、自治体独自でやっている旅行支援割があります。
串間市では以下のようなキャンペーンをやっていてクーポンをもらえるので、これを利用して串間市に2連泊いたしました。

引用:串間市観光物産協会

昔から気になっていた恋ヶ浦サーフポイントの目の前の宿「民宿恋ヶ浦」へクーポンを使って2連泊するつもりでしたが、宿の詳細を確認すると「当民宿はゲストハウス風でお部屋の仕切は襖の為、鍵はありません」との記載がありました。

これは私達には少しハードルが高く、かなさんにも却下されたので別の宿を探しました。

クーポンが使える他の宿をネットで料金を調べたり、グーグルマップのストリートビューで外観を確認したりと色々と検討しました。

恋ヶ浦から近くて宿泊費も安い「海心の宿 A・sobe」が条件的に良い所でした。
ここは3人まで泊まれて、一軒家貸切で1部屋1泊5,000円(税抜)となります。

電話で宿泊の予約を入れましたが、先客がいて空いていませんでした。

宿の方から「近くで他の場所で、1部屋1泊10,000円(税抜)の宿があります。もっと海に近くて、目の前が海です」と情報をいただきました。

値段は倍になりますが、クーポンもあることだし、宿の方もおすすめしてくるのでそこを予約しました。

場所については詳細は聞いておりません。
「立宇津公園の辺り」とだけ教えてもらいました。

その辺りをグーグルマップで調べると宿泊施設らしきものは見当たりませんが、立宇津公園すぐ隣の「諏訪浜」という場所でもサーフィンが出来るらしいです。
これはもう楽しみです。

1部屋1泊10,000円(税抜)の宿についてはネットで調べてもネット上では何も情報が出ていません。
宿へ到着するまでは不安と楽しみが入り交じっていました。

無事、鹿児島空港へ到着しました。

予約しておいたレンタカーを借りました。
レンタカーについては車種は指定出来なく「コンパクトクラスより車内空間が広い車種」というスタンダードクラスを予約しておきました。

マイカーの新型アクアクラスの大きさの車種だったら助手席を倒さないとミッドレングスは積めないので、最悪旅行中かなさんは後ろの席に座ってもらうことも覚悟してました。

用意されていた車はスバルの「JUSTY(ジャスティ)」という車でした。

運転席と助手席の間に隙間があったので、後ろ座席をフラットにしてその隙間にサーフボードを入れれば助手席を倒さずに車内にミッドレングスとショートボードの2本を積むことができました。
良かったです!

この時の時刻は15時頃
鹿児島空港から宮崎県串間市の宿までは2時間くらいかかります。

出来たら今日もサーフィンをやりたいところです。

「宿周辺には夜間営業している飲食店は何も無い」と予約をした時に忠告されていたので、買い出しなどをしながら宿に向かって17時30分くらいには宿に到着しました。

宿の外観は想像していたより綺麗な感じでした。
(写真はこの時は撮影しなかったので後程出てきます)

平屋建ての普通の民家です。
(あとから知りましたがここは「Sea Heart(シーハート)」というゲストハウスでした)

そして本当に目の前が海です。
が、残念ながら波は全くありませんでした。
海に入っている人も誰も居ません。

チェックイン時に管理人さんに話を聞いたら「昨日はサーファーが大勢いた」とのことでした。
明日以降に期待したいです。

そうなると恋ヶ浦でサーフィンをしたくなるので、荷下ろしもせず、部屋にも入らずにチェックイン手続きを済ませてからすぐに恋ヶ浦に向かいました。

わずか10分程で到着しました。

残念ながら恋ヶ浦も波が無く、たまのセット膝波です。
しかもかなりインサイドのダンパーブレイクです。

入るか迷う波です。
普段ではこの波では入らないですが、せっかくなので入りました。

かなさんもミッドレングスで一緒に入りました。

入ったもののまともにサーフィン出来ず「テイクオフしてすぐに超インサイド」の波に2~3本くらい乗っただけでした。

超初心者のかなさんは当然この波ではテイクオフは危険で、海に浮かんでいる状態だけでした。

波も無いし、辺りも薄暗くなってきたので宿へ戻りました。

宿に着いてから家の中を確認しました。

部屋の中も綺麗で、かなり広いです。

2人で泊まるには広すぎます。
うろ覚えですが、6人までは泊まれるようです。

この日は移動の疲れもありぐっすりでした。


2022年8月24日(水) 都井岬とイルカランドへ行き恋ヶ浦でサーフィン

サーフトリップ2日目。

翌朝6時頃、かなさん「すごく波あるよー!」で起こされました。
その言葉で飛び起きましたがサーフィン出来るような波はまったくありません。

かなさんはたまたま入ってきたセットが良い波に見えたそうです。
昨日に比べたら多少はウネリが入っていますがサーフィン出来る波ではありません。

こんな感じで本当に海の目の前です。

めちゃくちゃ良いロケーションの宿です。
移住したくなります。

宿の前の諏訪浜ではサーフィン出来ないので、この日は都井岬に観光に行きました。
都井岬に行く途中、恋ヶ浦で波があったら恋ヶ浦でサーフィンすることにしました。

恋ヶ浦にすぐ着きました。
やはり波は無いですが昨日よりは出来そうです。

恋ヶ浦の右の方のポイントでセットの波でやれそうですが、ポイントブレイクでロングボードが数人入っているのでこれは乗れる波は無いと思い、海に入らず都井岬へ向かいました。

都井岬は過去にも子供達と来たことはありますが好きな場所です。

野生の馬が放牧されていてとてものんびりとした時間を過ごすことが出来ます。

「都井岬灯台」と「御崎神社」へ行きました。

平日は人が少なくて良いですね。

今回、旅行前にGo proではない安いアクションカメラを買いました。

シュノーケリング時の撮影用に買いましたが、今回サーフィン時にも撮るかもしれないので持ってきました。

そのカメラでお馬さんを撮影してみました。
(日時設定をするのを忘れて画面に表示されている時間はおかしくなっています)

一応4K画質となります。
私的には全然満足出来る画質です。

4K画質で10,000円くらいの値段ですのでかなりおすすめです。
この商品はレビューも良いので安いアクションカメラをお探しの方はこれを買っておけば間違いないと思います。

水中での撮影を試したら、ブログかYouTubeでまた投稿したいと思います。

都井岬、良い所でした。

都井岬へ行ったあと、行こうと思っていた場所が廃業していたので急遽「志布志湾大黒イルカランド」へ行きました。

この辺りは4年くらい前、鹿児島サーフトリップへ来た時に通った記憶があり懐かしいです。

【鹿児島県サーフトリップ】(宮崎県③)カーフェリーを使いマイカーで本土最南端への旅(宮崎県③)カーフェリーを使いマイカーで本土最南端への旅 2018年8月4日(土) ~ 11日(土) 鹿児島県(宮崎県)サーフトリップ...

イルカランドは、こぢんまり水族館でしたが面白かったです。

イルカランドというだけあって「イルカのショー」を観たり「イルカに餌やり」「イルカとチュー」など触れ合いをしてきました。

イルカランドへ行ったあとは恋ヶ浦へ向かいました。

昨日より時間のゆとりはありますが、波はありませんでした。

朝より波は無く、厳しい状態です。
普段だったら入らない波ですが、サーフトリップへ来ているので入ります。

こんな時に出番のミッドレングスです。
かなさんには浜辺で待ってもらい、途中で交代しました。

ミッドレングスでは昨日のショートボードより多少は乗れましたが、テイクオフして終わりの波には変わりありませんでした。

かなさんはこの日もインサイドのドッカンブレイクの波で、波に乗ることは出来ませんでした。

恋ヶ浦に数年前に来た時はシャワーは無かったですが、今回は綺麗な無料シャワーと看板が設置されているのを確認出来ました。

「恋ヶ浦サーフポイント」ますます良いサーフポイントになっていました。

宿へ戻る前、恋ヶ浦サーフポイント近くに「恋ヶ浦展望所」の看板があったので寄っていきました。

車で坂道を登っていくと広場があり、その先は通行止めとなっていました。

その広場が展望所だと思われますが、ひらけていなくて景色はイマイチです。

道路の途中にあったひらけている場所で写真を撮りました。

絶景です。
恋ヶ浦すごく良い場所です。

宿に戻りました。宿の外観はこんな感じです。
ウッドデッキがおしゃれです。

夕方も相変わらず宿の目の前の諏訪浜はフラットです。

明日は一気に北上して日向市に宿を取ってあります。

せっかくなので諏訪浜でサーフィンをしたいです。
明日の朝、波があることを願いながら眠りにつきました。

長くなってしまったので、後編は次の記事にて投稿させていただきます。

手軽に手ぶらでサーフフィット!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。