生活

新型アクアの実燃費とサーフィン仕様について

新型アクアの実燃費とサーフィン仕様について

先日新型アクアが納車されました。
1週間乗ってみての実燃費をご報告したいと思います。

1ヶ月後くらいにも実燃費をご報告したいと思っています。

また、新型アクアでサーフィンにも行きましたので、「新型アクアはサーフィン仕様としてどうなのか?」を書いていきたいと思います。

新型アクア実燃費

カタログ値はZグレードの2WDでは33.6km/L(WLTCモード)となっています。

1週間乗ってみたあとのディスプレイに表示された燃費は36.6km/Lとなりました。

この1週間の車の使い方は主に

  • 往復約60kmの通勤3回(渋滞が必須のバイパス使用)
  • 往復約60kmの海へ1回
  • エアコンはこの1週間では海の帰り道のみ暑かったので使用 ※1
  • ドライブモードは常に「ECOモード」 ※2

となります。
この1週間の行き先は、ほぼ私の普段使いの場所となるので今後も実燃費はそんなに変わらないと思います。

※1
エアコンを頻繁に使用し始めたら若干燃費が落ちるかと思いますので、エアコンを頻繁に使い始めたらまた実燃費を報告したいと思っています。

※2
ネットで調べてみると、常に「ECOモード」は坂道や高速道路やバイパスでの追い抜き時に通常モードより強くアクセルを踏み込む必要があるため逆に燃費が悪くなると情報がありました。
なのでこちらもなるべく状況に合わせて切替を行って燃費向上を図ってみて実燃費を報告したいと思っています。

他には乗ってみて驚いたことは「EVモード」で意外と走行してくれる。
ということです。
これは自分では切り替えなどはせず自動で「EVモード」に切り替わってくれてます。

ディスプレイに表示される情報だとEV走行比率76%となっています。。
(この写真を撮った時は街乗りにちょこっと使った時です。走行時間は13分でEV走行比率76%となっておりますが、通勤時60分くらい走行した時も75%前後の数値となっておりました)

航続可能距離は運転履歴から学習した燃費となり、過去の実燃費に基づいて計算されているため実際に近い航続可能距離が表示されます。

今回ガソリン満タンに入れてみてディスプレイに表示される航続可能距離814km
燃料タンク容量が36Lのため、単純計算すると814km ÷ 36L = 22.611…
約23km/Lとなります。

実際の燃費はディスプレイに表示される36.6km/Lがリアルな数字だと思います。

アクアの燃費ヤバいですね。
これなら海もガソリン代を気にすることなく行けます。

新型アクアでサーフィンへ行ってみた

新型アクアに変える前はデリカD:5に乗っていました。
約14年間で約20万キロ走ってくれました。

今回思い切ってコンパクトカーとしました。
コンパクトカー、新型アクアにした理由は過去記事に書かせていただきました。

まず、今までデリカの時はサーフボードはベルトを利用して室内の天井積みとしていました。
これだと楽々2枚積みが可能です。
この間にもう一枚載せて3枚積みもよくしていました。

このベルトを使用して新型アクアも室内天井積みを考えていましたが、新型アクアは天井サイドに付いている手すりが3箇所しかないためベルトを取り付ける場所がありません。
また、天井後部が出っ張っており天井が平らではないし、天井に積んだところで恐らくバックミラーが全く見えなくなってしまうので室内天井は諦める事としました。
これは購入する前から展示車を見て確認済みのことです。
(購入時迷った新型リーフも室内天井積みは無理な形状でした)
コンパクトカーでは仕方ないことと割り切って後部座席を倒して積むパターンとなります。

新型アクアにサーフボード2枚積んだ状態です。
タンクやバケツを入れると思ってた以上に狭かったですが、何とか積めました。
二人でなら問題なくサーフィンに行けますね。

そしてここからが購入時に一番悩んだ点です。

リアゲートを開けても屋根にならない。雨の日にサーフィンに行くこともよくあるので、この状態だと着替え中濡れてしまいます。
これも購入前から分かっていた事です。
それならば雨の日は簡易的に屋根を作ってしまえば良いと考えました。
ホームセンターで色々見たり、Amazonで色々探したりしました。


こんな感じの傘のように大きめのパラソルを広げたら楽だと思いつきましたが、実際に納車してからリアゲートを開けてみると取り付けられるような場所はありませんでした。

もう一度ホールセンターへ行ったり、キャンプ用品を見に行ったりしないといけないと思っていたある日、少し前にコストコで購入したサンシェードが家の中で放置されているのが目に入りました。

これは安かったので買ったは良いが、デリカD:5で使用したら思うようにフィットせず使えませんでした。
新型アクアで使ってみたらサンシェードのサイズがデカすぎてダメだったので使い道がなくなっていた物です。


これをAmazonで購入した強力なマグネットを使いリアゲートに取り付けるとこんな感じとなります。
一応屋根となっていますね。

良い提案だと思いましたが、風が吹くとこんな感じとなってしまいました。
速攻でボツです。
撥水効果もあるのか分かりませんし、全然ダメでした。
また改良したら記事に投稿したいと思います。

ちなみにアクアの鍵は分裂することができるので海へ持っていけるので車上狙い対策も大丈夫です。

デリカD:5の買い取りについて

14年落ちの約20万km走っている車は幾らくらいで買い取ってもらえるのでしょうか?
あまり期待はしていないですが、出来るだけ高く買い取ってもらいたいので何件か回り査定をしてもらいました。

  • ディーラーの下取り価格 …… 3万円
  • 電話で査定をしてくれる会社 …… 4万円
  • A社 …… 7~8万円
  • B社 …… (こちらにディーラーでの下取り価格を聞いてから)3~5万円
  • ガリバー …… 8万円

思っていたより低い金額でショックでした。
するとガリバーさんから「ガリバーフリマ」という車の個人売買サービスを提案されました。
ガリバーさんが色々と手続きをしてくれてネット上で出品をする形となります。

売買が成立した場合、仲介手数料で1万8千円をガリバーさんに支払うので私の元に18万円入る、19万8千円にて出品をいたしました。

駐車場の関係で、デリカとアクアは入れ替えたかったので納車日までの2週間限定で出品してみました。
2週間経っても買い手が現れなかったらガリバーさんで買取をお願いしようと考えていました。
ガリバーフリマで買い手が現れなかった場合でも8万円での買取は保証するとのことでした。
交渉しましたが、それ以上の金額は無理とのことでした。
(ガリバーさんからはガリバーフリマ出品中でも他社に査定をしに回ってもらって大丈夫と言われていました)

出品してから5日目くらいには購入申請があったとガリバーさんから連絡が入りました。
買取店舗より10万円も多く売却することが出来た!と喜んでいましたが、数日経って、入金期日になっても購入者からはお金は振り込まれることなく、相手とも連絡が取れなくなってしまったようで売買不成立に終わってしまいました。
こういったいい加減な人がいると迷惑ですよね。
キャンセルならキャンセルの連絡くらいは入れてほしいですよね。

結局、再出品の依頼をガリバーさんにお願いしましたが、もうその時点でデリカを手放す2日前とかだったので再出品してもらえることもなく新車の納車日を迎えてしまいました。

ガリバーさんにもちょっとした不信感もあり、最後の最後、車を手放す当日に、A社さんに最終的な金額を再度電話にて確認したところ、「8万4千円で」と出してもらえました。

なので、ガリバーさんには先日8万円以上は無理と言われていたためA社さんに決めようと思いましたが、ガリバーさんにその旨を伝えたら「8万5千円」と提示してくれたので、最終的にガリバーさんで買い取ってもうらことにしました。

まとめ

新型アクアは

  • 実燃費は36.6km/L
  • 75%くらいはEV走行
  • ガソリン満点で814km航続走行可能(タンク容量36L)
  • サーフボードは後部座席の倒せば2枚は積める。
  • リアゲートを開けても屋根にはならない。(何かしらの対策はあるはず(模索中))

車を売る時は

  • 下取りより買取。
  • 買取は何店舗かで査定をお願いする。
  • ネットでの個人売買も上手く活用できたら高額での買取も可能。

 


ブログランキングはこちら↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です